田村食品広告コンサルティング

食品広告・食品表示のご相談は「田村食品広告コンサルティング」へ。公正かつ効果的なPRで、消費者に「安心・安全」を提供される事業者様のお手伝い・サポートを致します。事業者様のお悩みに合わせた的確なサービスをご提案。まずはお気軽にご相談下さい。

キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

食品広告のコンサルティング会社では規制内容を熟知した上で、食品に関する表示や広告を提案してもらうことが可能です。これまでに3000以上もの相談に対応してきた実績があり、栄養成分表示や健康食品向けの健康増進法、広告の改善などに関する相談を受けてきました。このサービスの対象となるのは食品販売者や製造社、OEM事業者などで、食品表示や広告規制に関してよくわからないことがあれば気軽に相談することが可能です。このコンサルティングサービスを受けるためには、まず最初に問い合わせを行います。この時に表示や広告原案を予め作成しておく必要があります。特定保健用食品に関しては、消費者庁に申請していない段階では相談に応じてもらうことができないため注意する必要があります。申請すると機能性表示食品の届出番号がもらえるため、その番号を受け取ってから相談することができます。相談費用に関しては事前に入金しなければなりません。事業案内のⅠとⅡに関しては、基本料金が2時間で2.5万円になっています。2回目以降に関しては、1時間以内が1.5万円です。事業案内Ⅲの利用料金に関しては、別途問い合わせなければなりません。入金されたことが確認できたら面談のスケジュールを組むことができ、面談に備えるために表示や広告の原案を送ることが求められています。面談は事務所で実施され、参加できる人員は1名から3名になります。初回の相談時間は2時間以内ですが、継続することも可能です。相談者が遠方に住んでいるという場合や相談者が多いという場合には、出張で来てもらうことも可能です。この場合には交通費を実費で支払う必要があります。一度限りの相談だけではなく、年間などの期間を定めて契約することもできます。問い合わせフォームはオフィシャルサイトに用意されており、名前や電話番号、会社名やメールアドレス、問い合わせ内容を入力するだけで送信することができます。
Tagged on: , 食品広告・食品表示のご相談は「田村食品広告コンサルティング」へ