京生麩のお店 愛麩

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本国政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

人気のパワースポットの平安神宮境内に2017年12月20日にオープンした京生麩のお店です。生麩スイーツ・田楽が色とりどりあるので食べるだけでなく目で楽しむことができるメニューが多いです。メニューとしては、3色カラフルbar3本セット800円は、あわ麩・よもぎ麩・道明寺麩を田楽みそ(白・赤)を上につけている田楽です。京都のザ・プレミアムモルツセット1350円やソフトドリンクセット1000円などの飲み物のついたセットメニューもあります。他のメニューとしては、磯部bar・木の芽味噌・ガーリックペッパー・チリソースなど各400円でいただくことができます。スイーツ麩として黒豆かのこ金箔・抹茶きな餡和三盆・パンプキンチョコ・パンプキンドライフルーツなど甘い麩を各500円でいただくことができます。他に、バニラソフトにモチモチの麩が飾られたソフトクリーム500円は、麩の彩がきれいです。ソフトクリームには、バニラ味と抹茶味があり麩のトッピングも色々あるので見ているだけでもきれいなので楽しむことができます。他に、はな麩ぜんざいははな麩がのった、丹波大納言餡のぜんざいやちり麩の入った甘酒なども500円でいただくことができます。単品の飲み物もあり京都限定のザ・プレミアムモルツ600円や角ハイボール500円などのアルコールもあります。また、アルコール以外には、オレンジジュースやペプシやウーロン茶など6種類のソフトドリンクを300円でいただくことができます。平安神宮境内には駐車場はありませんので近くに有料の駐車場はありますが、時期によって大変混雑して駐車できないこともありますので、できれば公共の交通機関やタクシーを使うことがおすすめです。JR京都駅から平安神宮前まで所要時間約30分くらいです。営業時間は、年中無休で10時から18時までで季節やイベントによって時間が変わってきますので確認して起こしいただきますようお願いいたします。
Tagged on: , 京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内